【発達障害あるある】心がササクレ立ってる?!子どもの内面


発達障害の息子を育てていて、ふとした時に感じるのは、

心がササクレ立ってるなあ!

ということです。


心の中、辛い気持ちの子どもの心のイラスト



「人は誰も、内側で考えているとおりの人間である」

「原因」と「結果」の法則(ジェームズ・アレン著)より



私はスピリチュアルなことについてあまり詳しくないのですが、息子の様子を見ていると、

心の奥底、魂‥?が苦しんでいるのか!?

と思うことがあるのです。



「怒り」も「大暴れ」も、苦痛の表れ。

怒りも大声も‥魂の叫び!?

そう考えてしまうくらいに、産まれてからずーっと、とにかく難しい性質のチボ。今は発達障害ということが分かったわけですが‥。

チボの立場から考えてみると、


あれだけ大暴れしたり大声を出しているってことは、チボの感覚としては相当苦しんでいるんじゃないのか!?


と思うようになりました。それは、


私だったら、あんなに怒ったり暴れるなんて「相当の不快感や嫌悪感があるときだなぁ」と考えられるからです。


問題児の息子との付き合い方エピソード →【発達障害あるある】普通の幸せを諦めたら → スーッとラクになりました^^




スポンサーリンク

「見えない部分を想像すること」で、頭をクールダウン!

魂の世界があるのかどうかは分かりませんが‥。

「見えない部分を想像すること」で、冷静に応対できるってこともあります。


チボがあまりに理不尽すぎることで大暴れしたときなどに、

「魂の叫び?!」

「心がササクレ立っている!」

と想像することで、ちょっと一呼吸おいて、感情的になりやすい親の自分の頭をクールダウンできるのです!

(まぁ、それだけ発達障害の子どもの子育てがキツイという話なんですが^^;)




スポンサーリンク

「子どもが落ち着くまで放っておけ」は、最良ではない!?

上記で書いたようなことを考えるようになってからは、

「子どもが落ち着くまで放っておく、距離をおく」という方法を使わなくなりました!


子育ての相談会など(保育園の講習会や育児相談窓口など)でよく、


「子どもが暴れたり物凄く怒っているときには、別の部屋に行くなど一旦距離をおくのがおすすめ」

「子どもが興奮しているときに何を言っても入らないから、子どもが落ち着くまで距離をおく」


などの方法を何度もお聞きすることがありました。

でも、その方法を実践しても、ウチの息子は「怒りがおさまらない」「興奮が長時間持続する」のです!落ち着くどころか「激化する」のが常‥。


本当に距離をおく方法がベストなんだろうか‥?と思っていたときに試したのが、


あえて、距離を縮める!


という方法です。


子どもが愚図ったり暴れたり、泣いたり、怒鳴り散らしたら、

近くに行く!抱っこする!


まぁ、息子はもともと抱っこが嫌いですから、最初は物凄い抵抗にあって、大暴れが大大大暴れになっていましたが‥。

とにかく、息子が不快感を露わにし出したら

速攻、「近くに行って話を聞く」「抱っこする」など、何かしら側で寄り添うようにしていきました。


この方法、時間はかかりましたが手応えがあって、息子との信頼関係を築くことができたように思います。

息子のチボに、腹を立てても、ワガママ言っても、泣いても、暴れても、見捨てないよ〜!という家族の想いが染み込んでいけばいいなぁという気持ちです。

大暴れ大声の息子に困ったエピソード →【発達障害あるある】恥を捨てて、自分の優先順位を決めました。


スポンサーリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする