【発達障害あるある】できない支度の理由が判明!幼稚園での態度がやっと変わった5歳の息子

幼稚園で支度ができないということで、先日、幼稚園の担任の先生とケースワーカーさんと療育の先生からご連絡をいただきました‥(本当にまったくできていなくて問題になっていた様子でした)。


「息子が幼稚園に対して考えていた意外な(私としては)返答」と、「お支度用の張り紙」を作ってみての注意点やコツなどが分かりましたので、こちらで紹介していきたいと思います!


どのように作れば子どもに分かってもらえるものになるのか‥?!療育の先生や幼稚園の担任の先生、ケースワーカーと相談しながら、その都度、改善・修正して作っております。


(c) .foto project


支度をしないで、フラフラする、ボーッとする理由

幼稚園に入園して3ヶ月ほど経ち、担任の先生から「朝登園してからの支度が全くできていない」と電話がありました。

面談時にも「支度が出来ていない」とお話があったので‥その後、全く改善していないということで電話があったようです。

私が電話でお話を聞いて「これはまずいなぁ‥」と焦りを感じていたところ‥療育の先生からも、


「幼稚園に通っている他の子さんは、全員、幼稚園に行ってから何をするのかが言えるんですが‥。チボくんだけ1つも言えないんです」と電話がありました。


何か1つでも言えればいいのですが‥。全く言えない状態だということで療育の先生もとても困っている様子でした。なぜなら、それが、


支度の手順や何をしたら良いかが分らないから、フラフラする、ボーッとすることに繋がっている。


ということ。やることが分からないと、手持ち無沙汰になりフラフラしてしまう。ボーッとしてしまうのです‥。

確かにチボは皆が支度をする時間にフラフラと何処かに行ってしまうことが多いと、担任の先生からの連絡でもありました。


なので、「おウチでも、何でも良いので何かの手順を表にして、お母さんといっしょに確認して、チボくんに物事には手順があることを理解させてみてはいかがでしょう」というアドバイスを受けたのですが‥


私は焦りました‥!!!!


その時にはすでに「ウチでやる朝の支度」についての張り紙をしていたからです‥!


チボは家での朝の支度では、張り紙をチェックしているし‥。私はてっきり「チボは手順について理解している」とばかり思っていたのです!!!!


それなのに全く分かっていない‥一つも言えない‥。その旨を療育の先生に伝えたところ「それじゃぁどうしたら良いでしょうかね‥」と先生の方も狼狽していました。

支度ができない息子に奮闘!効果あり!?なエピソード → 朝の支度ができない子どもは、言わなきゃやるようになる!?

スポンサーリンク

息子の大きな思い違い‥全く分言えなかった理由が判明

家ではすでに「手順の張り紙」をしているし、幼稚園でも担任の先生が手順の絵を作って貼ってくださっているとのこと‥。

療育の先生にも「チボくんの今のレベルだったら1つは言えるはずなんですが‥」という言葉。


私は「どうしてチボは全く手順が言えないのか!?」と疑問を持ちました。考えても分からないので、チボ本人に聞いてみることにしました!


すると‥驚く返事が返ってきたのです‥。


「幼稚園に行ってバス降りたら、遊べるんだよ〜〜〜!」


何度も、

「幼稚園に行ったらチボはどうしてお支度しないの?」「幼稚園に行ったらまず、何をするのか分かる?」「先生は何をやるって言っていた?」と質問の仕方を変えて聞いてみたのですが、


「幼稚園に行ってバス降りたら、遊べるんだよ〜〜〜!」


こればっかり。この答えしか返ってこない‥。

私は確信しました。チボは幼稚園に行ったら、


速攻遊べる!ワ〜イ!幼稚園は遊ぶところ〜〜!!!!


と考えているのだと‥(苦笑)

それなら合点がいきます。「幼稚園に行ったらお支度は何をやるの?」「幼稚園に行ったらまず何をやるの?」と聞いても、チボが答えられない、答えない理由が分かりました↓↓


幼稚園=遊べる!支度って何?幼稚園は遊ぶところでしょ?ウルサイなぁ!


流石のチボも、いろいろな人からの質問に「遊ぶ〜!」と答えるのはマズイなぁと感じ取っていたのでしょう。


チボの思考を理解した私は、チボに、


チボが幼稚園でやりたいことの一番は「遊ぶこと」なのは分かったよ。

幼稚園は「チボが一番やりたいこと」をする場所じゃないんだ。

幼稚園が一番やって欲しいことは「幼稚園のルールを守ること」だよ。

「チボが一番やりたいこと」は家に帰ってからやろう!


伝えたところ、チボは意外にも理解していた様子でした。

説明をしっかりしてからチボに、「幼稚園ではチボは何をすれば良いのかな?」と問うたところ、


「幼稚園では頑張っているところを先生に見てもらうところ!」


と返ってきました!!!!


え!?スゴイ‥分かったのか、チボ!?

いきなりの優等生な答えに戸惑う私‥。

「スゴイね!分かってるね、チボ。そしたら幼稚園ではバス降りたら支度をするのがルールだから、明日はバス降りたらすぐにやってね」と声かけしました。


不安でしたが、その日は張り紙も作って取り組んだところ‥

次の日の担任の先生から、


チボくん、今日はお支度は一人でできていました!やることをブツブツ自分で言いながら一生懸命やっていました。私は隣で見ているだけでしたよ。


本当に嬉しかった‥!

家での張り紙「幼稚園の支度リスト」と、幼稚園という場所での「チボの意識の持ち方」を変えたことで、やっと、一度もできていないことから抜け出せた瞬間でした。

0から1までの道のりは大きいですね‥。


え!!?こんなにあるの‥意外と多いお支度でやること

自宅に貼るための「幼稚園の支度リスト」です。


実際に「幼稚園に行ってから最初にやること」をリストアップしてみると‥多い!!!!

こんなにあるの!?レベルが高いと感じました。


幼稚園 支度ができないためのリスト表(張り紙)


リストアップの際には、チボに聞いて確認しました。

言えない子どもから聞き出すのは至難の技でしたが‥「このリストはチボが使うものなんだよ」と無言のうちに伝えたかったので、

「まずは上履きかな?」とか「上履き履いたらどこ行くの?」とか‥ヒントを出しながら根気よく聴き出しましたました。


出来た張り紙は「朝準備が終わったカバンを置いておく場所」の近くの壁。この張り紙の上部には掛け時計もあるので、時間と照らし合わせながらも見ることができます。


「お支度手順の張り紙」作り方のポイント

全体に文字は大き目

はじめに作ったものは、イラストを主にして文字は小さめにしていました。

療育の先生に相談したところ、チボは文字を読むので「文字で書いて大き目」が良さそうとのこと。

文字を読まない子どもの場合も、イラストを大き目で、文字をちょこっとプラスすると良いみたいです。


手順に番号を付ける

ケースワーカに相談したところ「番号を付ける」のが効果的とのこと。

チボが苦手な手順を覚えるために、番号も大き目に書きました。


表は簡単に作るのが◎

惜しみなく、バンバン修正するために!表は出来るだけ簡単に作りました。

凝ったものや時間をかけたものだと、私の性格上「修正が億劫になる」と考えました。

アドバイスを速攻取り入れてみるために、子どもの成長に合わせるために、どんどん修正していきます。


終わったらチェックを付ける

支度が終わったら子どもが自分でチェックを入れる。これはまだ取り入れていないのですが、ケースワーカーに教えていただいた方法。

シールでも、鉛筆で印でも、表の近くに印を付ける場所を設ける。

「支度が終わったんだ」と理解させる効果があるようです。


スポンサーリンク

子どもはまったく違うことを考えている‥親と子の意識合わせ

今回「朝の支度」に対して、子どもに直接聞いたり、リストアップしたりと、子どもと向き合って取り組んでみて分かったことは‥


子どもって、全然違うことを考えている!


ってこと‥。まさか3ヶ月も幼稚園に通っているチボが「幼稚園は遊ぶところ」だと思っているなんて‥。

幼稚園に行けば当たり前に「幼稚園には幼稚園のルールがある」と分かると思っていたつもりは無かったのですが、チボに対しては親の私の説明が不十分だと痛感させられました。


分からないことは、直接本人に聞く!


今度から早めに本人に理由を聞いてみようと思いました‥。

張り紙制作も本人を交えて作る方が間違い無いですね‥。思っても無いことをリストアップしてくるので‥「それは朝の支度と関係ないよ!」とチボに教えてあげることもできました。

幼稚園・保育園でのカミングアウトのエピソード → 息子の発達障害、カミングアウトのタイミング

スポンサーリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする