泣いちゃいけないって思っているうちは、泣かなくたって良いじゃん!

離婚してから、、ううん、離婚しようかなぁってリアルに考え始めてから、私はちゃんと泣けてない。

「泣いたら負け」っていうか、しっかり泣いてしまったらそこから立ち直れないくらい落ち込んでしまうんじゃないかって、泣いてしまったらそっから気持ちを浮上させられないんじゃないかって怖い。

だから、元旦那に子どもの教育資金全部持ってかれた時も、義理両親に追い詰められて吐くのが止まらなくなっても、私がちゃんと泣くことは無かった。心のどっかで「泣いたら負け」って思ってた。

頭の片隅で、悲しみにストップをかけてるのは、精神衛生上やっぱり良くないんだろうなぁと感じてるけれど‥。こればっかりは今が踏ん張り時!なのであって、悲しみストッパーを無理に外しちゃうのも違うと思ってる。


いつか、ちゃんと私が泣けるって時は、きっと、誰かの助けがあった時だと思ってる。


離婚してつくづく感じるのは、

「自分で自分にやってあげられることは極限られてるんだな」

ってこと。


最低限の自分の機嫌取りは大人として必要だけど、最近は自分が誰かの機嫌をとってあげて、誰かに自分の機嫌をとってもらってという、いわゆる「持ちつ持たれつ」って良いなあって考えたりする。

多分、シングルマザーはけっこうキツイから(笑)限界を感じることもたくさんあって。そのお陰で自分が出来ないことに気がついたり、考えたりできるようになってきたんだと思う。

これは私にとってはとっても難しいことで、けっこうな困難にもさっさと取り組んで克服していこうとしてしまう性格である分、よっぽどのことがあってもなかなか「甘え」や「頼る」ことができないのだ。


来るべき時に、来る!


無理して自分の足枷を外そうとしなくても良い。

それでいて、無理して甘えようとしなくても良い。


婚活をしていても、


背負っちゃう私を受け入れてくれる人。

甘えられない私を愛してくれる人。

そんな人に出会いたいと思う。

スポンサーリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする